鎮痛作用

プロポリスの消費期限

今多くの健康食品を手軽に購入することができるようになっています。
ドラッグストアやスーパー、雑貨屋さんやインターネットなど様々な方法で入手できます。
医薬品ではないので、薬剤師による薬の説明などを受けることがありません。
そのため購入する際には、自分で商品の知識をしっかり理解しなければいけません。

健康食品を購入する際に、どうしても効能や効果ばかりを気にして購入してしまいます。
しかし健康食品は薬と異なり、即効性があるものではありません。
もちろん人によって体質との相性があるので、すぐに効果を実感する人もいれば、数カ月かかる人もいます。
そのため健康食品は、毎日数カ月間飲み続けることが大事になります。

数ある健康食品の中で、昔から重宝されているのがプロポリスです。
プロポリスはセイヨウミツバチによって作り出される成分で、強い抗菌・殺菌効果があることが特徴です。
プロポリスの歴史http://www.siam-cuisine.com/rekis.htmlは古く、ミイラ化するときの防腐剤、古代ローマ時代や東ヨーロッパでは昔から天然の抗生物質として使用されてきました。
医療薬として使用されるほど効果が高いものとして扱われてきましたが、使用する注意点はあるのでしょうか。

プロポリスを使用するうえで消費期限の確認をしっかりしましょう。
プロポリス液状は未開封の場合、3年近く保存が可能です。
開封後は3カ月程度で使用することがお勧めです。
冷蔵庫で管理する必要はなく、冷暗所で保管しておけば品質を維持することができます。

プロポリスのサプリメントの場合も同じで、冷暗所で保管すると品質を保った状態で消費期限まで接種できます。
サプリメントの場合は一日数粒と明記されていて、決まった日数分が入っているため用法用量を守って摂取しましょう。

プロポリス液体の場合も一日の摂取量を守った上で、過剰摂取だけは避けるようにしましょう。
いくら体にいいものでも消費期限が間近だからといって無理に使用すると、体への負担につながってしまいます。
一度開封したら毎日欠かさず決まった量を摂取することを意識するようにしましょう。